相続・不動産(家・土地・住宅・マンション)の名義変更 京都なら
HOME>平成27年相続税の増税と対策

平成27年相続税の増税と対策

基礎控除額の引下げでこれまで課税の対象とならなかったものが対象となりました!
以前までの相続税の基礎控除額は、「5,000万円+1,000万円×法定相続人の数」です。
こちらが、4割圧縮されてしまいました。
「3,000万円+600万円×法定相続人の数」となります。

例えば、法定相続人が3人の場合には、
これまでの場合、

「5,000万円+1,000万円×3人=8,000万円」だったものが、

「3,000万+600万円×3人=4,800万円」に減額されました。

相続税は、遺産が相続税の基礎控除額を超える場合に、申告が必要になります。
一方、遺産が基礎控除額以下の場合には、申告は不要です。

今回の改定により基礎控除額の引下げされた事で、相続税の申告が必要になるケースが倍増します。
税率の引上げにより相続税があがりました!
相続税の税率は、金額が高い部分には税率も高くなるという超過累進税率を採用しています。
改正では、

2億円超3億円以下40%⇒45%にUP、
6億円超部分が50%⇒55%にUP

となりました。

相続税の対策におきましても当事務所は、提携税理士と共にクライアント様の有利になるよう最大限努力致します。
相続は手続きが複雑で経験のある専門家に任せないと手続もスムーズに進みませんし、税金も多くかかってしまいます。
既にお付き合いのある司法書士、税理士にご相談されてご不安な方は是非当事務所へお越しください。
当事務所は相続手続き、税金対策(提携税理士による)を得意としております。
まずは、どんな些細な事でも結構です。お気軽にお電話にてご予約の上、当事務所までご相談にお越しください。
※初回のご相談費用は無料です。