相続・不動産(家・土地・住宅・マンション)の名義変更 京都なら
HOME>平成27年相続税の増税と対策

| 平成27年相続税の増税と対策 |

基礎控除額の引下げでこれまで課税の対象とならなかったものが対象となりました!
以前までの相続税の基礎控除額は、「5,000万円+1,000万円×法定相続人の数」です。
こちらが、4割圧縮されてしまいました。
「3,000万円+600万円×法定相続人の数」となります。

例えば、法定相続人が3人の場合には、
これまでの場合、

「5,000万円+1,000万円×3人=8,000万円」だったものが、

「3,000万+600万円×3人=4,800万円」に減額されました。

相続税は、遺産が相続税の基礎控除額を超える場合に、申告が必要になります。
一方、遺産が基礎控除額以下の場合には、申告は不要です。

今回の改定により基礎控除額の引下げされた事で、相続税の申告が必要になるケースが倍増します。