相続・不動産(家・土地)名義変更なら優司法書士法人へ(京都市中京区・草津市)
HOME>遺言・相続Q&A

| 遺言・相続Q&A |

相続Q&A

内縁の妻に相続させる事はできますか?

法律で定められている相続人のうち、配偶者とは正式に婚姻届を出している場合をいいます。
その為、内縁の妻(又は夫)には相続分がありません。相続をさせたい場合は「遺言書」を作成する必要があります。

家族が同時に死亡した場合の相続はどうなるのですか?

例えば、夫・妻・子の3人が航空機事故にあって亡くなった場合で、夫が先に亡くなった場合は妻と子が一旦相続をし、その後妻と子が亡くなった時点で妻の財産は妻の両親が相続し、子の財産は夫と両親と妻の両親が半分ずつ相続します。しかし、死亡時点がはっきりしない場合は「同時死亡」とみなされ、当事者同士での相続は発生しません。その為夫の財産は夫の両親が相続し妻の財産は妻の両親が相続します。

相続税の基礎控除は相続人が多い程有利と聞いた事がありますが、養子縁組をたくさんすれば節税になりますか?

相続税の基礎控除は5,000万円+1,000万円X相続人の数となっています。例えば相続人が配偶者と子二人であれば基礎控除額は8,000万円となります。養子も実子と同様に扱われますので、養子が増えれば基礎控除額も増える事になりますが、相続税法上、養子縁組には一定の制限が設けられています。相続税の計算に組み入れることが出来る養子の数は、実子がいる場合は一人実子がいない場合は二人までになっています。