相続・不動産(家・土地・住宅・マンション)の名義変更 京都なら
HOME>遺言・相続Q&A

| 遺言・相続Q&A |

遺言Q&A

遺言書がないとどうなるの?

「ない」場合は相続人全員で遺産分割協議を行います。この遺産分割協議が成立すれば問題はないのですが・・・遺産相続の紛争が何年も続いた悲しい事例もあるのです・・・

「遺言書による指定相続」と「法定相続」はどちらが優先されるの?

遺言書による指定相続が優先されます。法律(民法)で定められているから法定相続の方が優先されるというのは誤解です。

遺言書の内容を撤回することはできるの?

撤回できます。方法としては遺言書を破棄する、前の遺言書の内容を撤回する旨の遺言書を書くなどがありますが破棄した遺言書や前の遺言書が公正証書遺言である場合は撤回の有効性に問題が生じる可能性があります。どのような方式の遺言書であっても撤回される場合は専門家にご相談されることをお勧めします。

代筆やワープロで作成してもいいの?

「自筆証書遺言」の場合は自筆でなければならないので代筆やワープロを使用したものは無効です。「秘密証書遺言」は代筆やワープロでも可ですが必ず署名は自筆でなければいけません。

ビデオ撮影やカセットテープ等の録画や録音は遺言書として有効?

無効です。遺言書はあくまで法律で方式が厳格に定められています。

発見した遺言書は勝手に開けていいの?

勝手に開けてはいけません。家庭裁判所で検認を受けなければならないので勝手に開封すると5万円以下の過料に処されるので注意してください。勝手に開封した遺言書は無効になるわけではありませんが変造や改ざんのなどの疑いをもたれることで相続の際に紛争になる恐れがあります。公正証書遺言は検認の必要はありません。

共同で遺言書を作ってもいいの?

共同で書いた遺言書は無効です。ご夫婦であっても別々に書かれてください。