相続・不動産(家・土地)名義変更なら優司法書士法人へ(京都市中京区・草津市)
HOME>blog

blog

節税 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

節税(せつぜい)とは、法の想定する範囲で税負担を減少させる行為である。 「偽りその他不正な行為」により納税を免れる脱税は犯罪行為であるから、節税とは完全に区別される。脱税ではないが法の想定外の異常な形式を利用して税負担を減少させる租税回避とも区別されるが、明確な区別の基準があるわけではない。 節税の根拠となるものには、法令や国税庁の解釈通達のほか、税務慣行と呼ばれるものがある。例えば、重要性が低いために細かい手続きを踏まなくてよいとされるような慣行である。これらの中に節税の糸口がある事が多い。ただし、明文化されていないものの中には、脱税とも考えられるようなあいまいなものもあるため、法令や解釈通達を確認したり専門家に相談したりして備える事が重要となる。
投稿者 UNIST合同会社 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
私法上の和解

意義 [編集] 私法上の和解は、裁判外の和解ともいい、法律上は典型契約の一種として扱われる。和解契約の法的性質は諾成・有償・双務契約である。他の類型の契約(売買や賃貸借など)と異なり、新たな法律関係を作り出すことを目的とせず、既に存在している法律関係に関する争いの解決を目的とする点に特色がある。日常用語としては示談(じだん)という語が使われることもあるが、示談は一方が全面的に譲歩する場合もあり得るのに対し、私法上の和解は互譲が要件になっている(民法695条)点に注意を要する。
投稿者 UNIST合同会社 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
和解 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

和解(わかい)とは、当事者間に存在する法律関係の争いについて、当事者が互いに譲歩し、争いを止める合意をすることをいう。大きく分けて、私法上の和解と裁判上の和解がある。
投稿者 UNIST合同会社 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
行政書士 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

行政書士(ぎょうせいしょし)とは、行政書士法に基づき許認可申請書類等「官公署に提出する書類」と契約書・内容証明・遺言書等の「権利義務、事実証明に関する書類」の作成及び提出手続きの代理、代理人としての契約書等の作成など、[1]法律に基づく事務手続き、及び事実に基づく書面の作成や代理を業とする者。[2]またはその資格制度を言う。 バッジや行政書士証票に用いられているシンボルマークはコスモスの花弁の中に篆書体の「行」の字をデザインしたものである。
投稿者 UNIST合同会社 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
公証人の歴史

その起源についてはローマ法に由来するとされ、中世の神聖ローマ帝国(ドイツ・イタリア)が始まりと言われている。12 世紀とされるが詳細は不明。当初は皇帝やローマ教皇の免許を要したが、後に自治都市内のギルドに資格授与権が下賜されるようになった。 当初は商業上の契約や帳簿など広範の私的文書作成を担当してきたが、14 世紀以後商人達の識字率向上や複式簿記の発達などに伴って専ら法的文書の作成に従事するようになる。
投稿者 UNIST合同会社 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
   
3