相続・不動産(家・土地)名義変更なら優司法書士法人へ(京都市中京区・草津市)
HOME>blog

blog

相続相談 京都 滋賀
第968条 1. 自筆証書によってw:遺言をするには、遺言者が、その全文、日付及び氏名を自書し、これに印を押さなければならない。 2. 自筆証書中の加除その他の変更は、遺言者が、その場所を指示し、これを変更した旨を付記して特にこれに署名し、かつ、その変更の場所に印を押さなければ、その効力を生じない。
投稿者 UNIST合同会社 (2010年3月17日 16:30) | PermaLink

コメントする


 




TrackbackURL :