相続・不動産(家・土地)名義変更なら優司法書士法人へ(京都市中京区・草津市)
HOME>blog

blog

利益の繰延行為等

利益の繰延行為等 * 棚卸資産の評価方法を有利な方法とする(陳腐化を反映しやすい最終仕入原価法を用いるなど) * 減価償却方法を有利な方法とする(定額法ではなく定率法を用いる事により費用計上時期を早めるなど) * 収益・費用の発生時点を遅い時点にする(発送基準ではなく検収基準などを使う、長期割賦販売は繰延基準を使う、など) * 保険商品等を用い、損金計上と益金計上の時期を調整する(例えば倒産防止掛金は全額費用計上する事が可能で、返戻時に全額収益計上する事が可能である) * 製造原価に含めずに済む費用を、製造原価から外す(例えば営業外費用、特別損失、販売費、一般管理費とするなど) * 棚卸資産の付随費用を3%以内とする(※ 国税庁の解釈通達以外の税務慣行であり適用には要注意である) * 一定の租税公課は棚卸資産や償却資産に含めず経費とする事ができる(法人税法基本通達により範囲を確認する事) * 貯蔵資産の見積売価を低くする(第三者から見積書等を取得して計上するが、その場合に最低価格をつけたものを用いるなど) * 取引先と覚書などを交わすか申告期日までに相手に売上割戻し額を通知して、売上割戻しに算定基準を使う(同様に、売上割戻しを金利を払ってでも保証金として預かり売上割戻し額を損金算入する など) * 10万円未満の減価償却資産は小額減価償却資産として全額を損金計上できる。10万-20万円では3年での償却ができる。 * 青色申告の場合で、年間300万円に達しない範囲内であれば、30万円未満の減価償却資産は、小額減価償却資産特例を用いて全額を損金計上できる。 * 20万円以内で3年以内ごとの修繕を行なうことで固定資産の取得価額の増額を避けて損金扱いできる * 掛け捨ての保険契約等により損金にする(法人税法基本通達により厳密に区分されているため、保険会社の経理処理サービス等や専門家の意見を参照すべき) * 契約期間が一年未満の賃借契約や掛捨て保険契約であれば支払済の全額を当期の損金に計上して差し支えない(法人税法基本通達) * 決算当月の費用であれば、しっかりと未払計上をする(社会保険料や水道光熱費・通信費等)
投稿者 UNIST合同会社 (2010年3月17日 16:21) | PermaLink

コメントする


 




TrackbackURL :