相続・不動産(家・土地)名義変更なら優司法書士法人へ(京都市中京区・草津市)
HOME>blog

blog

私法上の和解

意義 [編集] 私法上の和解は、裁判外の和解ともいい、法律上は典型契約の一種として扱われる。和解契約の法的性質は諾成・有償・双務契約である。他の類型の契約(売買や賃貸借など)と異なり、新たな法律関係を作り出すことを目的とせず、既に存在している法律関係に関する争いの解決を目的とする点に特色がある。日常用語としては示談(じだん)という語が使われることもあるが、示談は一方が全面的に譲歩する場合もあり得るのに対し、私法上の和解は互譲が要件になっている(民法695条)点に注意を要する。 和解の要件 [編集] 和解契約が成立するためには、以下の要件を満たすことが必要である(民法695条)。 * 当事者間に争いが存在すること * 当事者が互いに譲歩すること * 争いを解決する合意をすること
投稿者 UNIST合同会社 (2010年3月16日 10:14) | PermaLink

コメントする


 




TrackbackURL :