相続・不動産(家・土地)名義変更なら優司法書士法人へ(京都市中京区・草津市)
HOME>blog

blog

遺贈

遺言者は包括または特定の名義でその財産の全部または一部を処分することができる(964条本文)。これを遺贈という。ただし、遺留分に関する規定に違反することはできない(964条ただし書)。
投稿者 UNIST合同会社 (2010年3月16日 10:05) | PermaLink

コメントする


 




TrackbackURL :