相続・不動産(家・土地)名義変更なら優司法書士法人へ(京都市中京区・草津市)
HOME>blog

blog

相 続 税の根拠 

相続税がなぜ課されるかについては、次の考え方があるとされる。 1. 封建化の阻止:封建制度の本質は経済的身分と政治的身分の世襲であるが、相続税により相続人から相続される財産を削ぎ、富の蓄積そして富の蓄積によりおこる身分階級の固定化(封建化)を防ぐことができる。 2. 遺産税:人は死ぬときに、生前に築いた財産を社会に還元すべきであるとの考え方。 3. 遺産取得税:相続という偶然の事象による財産の取得を抑制すべきであるとの考え方。労働収入や投資収入などの他の経済収入に比べて遺産収入は経済活動に対する報酬が皆無に等しい。よって経済の効率から考えてその税率は高く設定すべきである。
投稿者 UNIST合同会社 (2010年3月16日 09:43) | PermaLink

コメントする


 




TrackbackURL :