相続・不動産(家・土地)名義変更なら優司法書士法人へ(京都市中京区・草津市)
HOME>blog

blog

不動産鑑定による相続税の減税

相続税がかかるケースで、もちろん主役は税理士さんになるのですが、不動産の価格が、路線価評価より鑑定評価が安くなるのであれば、相続税が安くなることになります。

鑑定士さんに依頼することで、鑑定費用を払っても、相続税がそれ以上に安くなれば相続人としてもそれをする意味が生じます。

費用は掛かるは、相続税も安くならないでは、躊躇する方も当然出てきます。
私もちょっと前までは、そうであるならば、リスクを負って税理士さんの評価に首を突っ込むことはないかなと思っていたのですが、不動産鑑定士によくよく話しを聞かせてもらったら、画期的な提案でした!!

路線価評価と鑑定評価でどのくらい違いが出るかをざっくり無料見積をしたうえで、実際依頼されるかを決めて頂けるとのことです。

私どもに関わるお客様が少しでも喜んでいただけるのであれば、使える手法は全部提案して、選択してもらうことが我々のポリシーです。

相続税の掛かる、もしくは掛からないか微妙な不動産について、鑑定評価を取られることも一考してみてはいかがでしょうか!

投稿者 UNIST合同会社 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
滋賀 相続

第969条 公正証書によって遺言をするには、次に掲げる方式に従わなければならない。 一 証人二人以上の立会いがあること。 二 遺言者が遺言の趣旨を公証人に口授すること。 三 公証人が、遺言者の口述を筆記し、これを遺言者及び証人に読み聞かせ、又は閲覧させること。 四 遺言者及び証人が、筆記の正確なことを承認した後、各自これに署名し、印を押すこと。ただし、遺言者が署名することができない場合は、公証人がその事由を付記して、署名に代えることができる。 五 公証人が、その証書は前各号に掲げる方式に従って作ったものである旨を付記して、これに署名し、印を押すこと。
投稿者 UNIST合同会社 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
相続相談 京都 滋賀
第968条 1. 自筆証書によってw:遺言をするには、遺言者が、その全文、日付及び氏名を自書し、これに印を押さなければならない。 2. 自筆証書中の加除その他の変更は、遺言者が、その場所を指示し、これを変更した旨を付記して特にこれに署名し、かつ、その変更の場所に印を押さなければ、その効力を生じない。
投稿者 UNIST合同会社 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
京都 相続

民法第967条 出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』 遺言は、自筆証書、公正証書又は秘密証書によってしなければならない。ただし、特別の方式によることを許す場合は、この限りでない。
投稿者 UNIST合同会社 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
司法書士 京都 滋賀 相談 遺言

遺言は、相手方のない単独行為である。遺言は、遺言者の死亡の時からその効力を生ずる(985条1 項)。すなわち、効力を発したあとに、遺言者の意思を確認することはできないため、遺言の解釈について混乱を避けるため、方式が厳格に法定されている。 具体的な法定内容については、968条(自筆証書遺言)、969条(公正証書遺言)、970条(秘密証書遺言)に規定されている。
投稿者 UNIST合同会社 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
1