相続・不動産(家・土地・住宅・マンション)の名義変更 京都なら
HOME>優ブログ

優ブログ

借入金で不動産を取得する相続税対策
効果的な相続税の節税を図るために下記のことを気をつけましょう!

①できるだけ相続税評価額が時価よりも低い物件を選ぶこと。
②賃貸することにより貸家として、また貸家建付地として評価できる物件を選ぶこと
③小規模宅地の特例が適用される物件にすること。

不動産、借入金には当然リスクも伴います。ご注意下さいませ。
投稿者 UNIST合同会社 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
同族会社を通しての財産贈与

贈与税は個人から贈与により財産を取得した時に課税される税金です。従って、個人が会社から贈与によって財産を取得した場合には、贈与税がかかりません。

会社から贈与により取得した財産に対しては、一時所得として所得税がかかることになっています。

会社から財産の贈与を受けて一時所得となった場合には、次のようなメリットがあります。

①一時所得には50万円の特別控除がある。
②一時所得の金額は、その2分の1だけが総所得金額に算入されて所得税の対象になる。
③所得税の税率は、贈与税の税率よりもずっと低い。

年間110万円の基礎控除と50万円の一時所得の特別控除を合わせて、160万円までは無税で贈与できることになります。

投稿者 UNIST合同会社 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
教育資金1500万円の孫への贈与
平成25年度の税制改正で、祖父母が孫などに将来の教育資金(授業料や入学金など)をまとめて譲り渡した場合、一人当たり1500万円までなら贈与税がかからないという制度が創設されました。

これを利用すれば、孫が5名いる場合に、無税で合計7500万円まで教育資金を贈与することができます。

この制度を利用するための条件は次の通りです。

①受贈者は30歳未満の者であること
②教育にあてるための資金であること
③その祖父母などが金銭を拠出すること
④金融機関に孫などの名義の口座を開設し、信託等をすること
⑤平成25年4月1日から平成27年12月31日までに拠出すること
⑥教育資金非課税申告書を金融機関を経由して、受贈者の納税地の所轄税務署長に提出すること

受贈者は払いだした金銭を教育資金の支払いに充当したことを証する書類を金融機関に提出しなければなりません。

尚、受贈者が30歳に達した日に金融機関に拠出した資金の使い残しがある場合には、贈与税が課税されることになります。
投稿者 UNIST合同会社 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
孫への贈与
相続または遺贈によって財産を取得した人っが、その相続の開始前3年以内に、被相続人から贈与によって財産を取得している場合には、その贈与によって取得した財産は相続財産に加えて相続税を計算することになっています。

したがって、相続税対策として贈与を行ったとしても、その3年以内に相続がある場合には、無意味になってしまいます。

財産の贈与による相続税対策は、長い時間をかけなければ、それほど大きな効果が期待できるものではありません。

ただし、孫や子の配偶者など相続権のない人に対して行われた贈与については、遺贈を受けた場合を除いて、贈与財産が相続財産に加算されることはありません。そこで、相続の時期が近づいていると思われる時は孫に財産を贈与すれば効果的な節税対策になります。
投稿者 UNIST合同会社 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
遺言執行者の職務
Q.遺言執行者に選任された場合、直ちに行わなければならないことはどのようなことでしょうか?

A.相続財産の目録を作成するとともに、相続人その他利害関係人への通知をするほか、相続財産の現況把握と管理、受遺者への意思確認をする必要があります。
①相続財産目録の作成と交付
②相続人その他利害関係人への通知
③相続人に対する説明
④相続財産の現況把握と管理
⑤受遺者への意思確認

Q.遺言執行者は、遅滞なく相続財産の目録を作成して、相続人に交付しなければならないとされてますが、具体的にどのように相続財産目録を作成すればよいでしょうか。

A.できる限り速やかに作成します。形式は自由であり、相続財産の内容を特定し、現在の状態が把握できるような内容であれば足ります。具体的な金額まで記載する必要はありません。


Q.遺言執行者が、相続人から遺言執行事務の処理状況について報告を求められた場合、どのようにすればよいのでしょうか。また、特に報告を求められていない場合はどうしたらよいでしょうか。

A.遺言執行者には、委任に関する規定が準用されますので、相続人から報告を求められた場合には、これに回答する義務があります。特に求められていない場合には、業務終了時点で報告すればよい。

〈参考判例〉
包括遺贈の遺言執行者等が法定相続人に対して相続財産目録を交付せず、事前に通知しないまま遺産の不動産を処分したことなどが違法であるとして、法定相続人から遺言執行者等に対する損害賠償請求が認容された。(東京地判平成19年12月3日)※遺留分のない法定相続人に対してのもの。

Q.遺言執行者が、金融機関に対し相続預金の払戻しを請求する場合の手続きについて教えて下さい。

A.遺言書に相続預金の遺贈・相続等の帰属が定められている場合には、相続人の同意なく金融機関に対し払戻請求をすればよいでしょう。一方、遺言で相続預金の帰属はおろか、当該相続預金について何らふれられていないような場合には、全相続人の同意を得て、払戻し手続きを行うべきでしょう。

投稿者 UNIST合同会社 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
         
7