不動産(家・土地・住宅・マンション)の名義変更 京都・滋賀なら
HOME>優ブログ

優ブログ

公正証書遺言をつくるには~公証人役場で必要になる書類~
 岩口です。

 

公正証書遺言を公証人役場にて作成する場合に必要な書類をまとめました。

 

今回は相続人が受遺者になる場合の必要書類です。

 

京都の場合ですので、他府県の場合には公証人役場に確認してください。

 

<必要書類>

     遺言者の現在の戸籍謄本(3ヶ月以内)

     遺言者の印鑑証明書(3ヶ月以内)

     受遺者が上記戸籍に記載されていない場合には原戸籍又は除籍謄本

     受遺者の現在の戸籍謄本(3ヶ月以内)

     不動産の登記簿謄本(3ヶ月以内)

     不動産の評価額証明書又は納税通知書

     預貯金の金融機関、口座番号、金額のわかる書類

     有価証券の情報がわかる書類

     遺言執行者、祭事財産の承継人等の情報がわかる書類

 

 

公的書類は基本3ヵ月以内のものが必要になりますので注意が必要です。

 

【優司法書士法人関連サイト】
司法書士 京都 滋賀 でお探しなら 司法書士法人 公式ホームページ
相続と不動産の名義変更NAVI
優遊ブログ

 

投稿者 UNIST合同会社 (2014年1月31日 20:49) | PermaLink

コメントする


 




TrackbackURL :