不動産(家・土地・マンション)名義変更なら優司法書士法人へ(京都市中京区・草津市)
HOME>優ブログ

優ブログ

相続人確定と不動産名義変更
相続登記を受任する際、まずは、相続人の特定が不可欠になります。

その次に遺産の特定。どう分割するか協議をして、名義を変更していくのが通常のパターンです。

相続人確定作業は、特に神経を使います。ここで、相続人を漏らしたら、後で成立する遺産分割協議も無効になってしまいます。戸籍の隅から隅まで目を凝らし、相続人を確定させることもしばしばございます。

養子縁組であるとか、認知であるとか、見逃したら大事になる記載もございます。

相続人にも秘密にしていた情報も戸籍を手配することで判明することもございます。

相続人の特定には、非相続人の出生から死亡に至るまでの戸籍が必要になります。その戸籍の手配には、近くの市役所であれば、市役所の方に、出生まで遡って手配してと頼めば、ある程度手配は可能であるが、遠方の本籍地に転籍、入籍していると、思うように戸籍が集まらないこともしばしばございます。

そんな面倒な戸籍の取り寄せも含めて、我々にご依頼頂ければ、代わりに手配することも可能です。

労力をお金と比較して考えると、依頼なさるメリットを感じられるかもしれません。

まずは、お気軽にご相談下さいませ。

【優司法書士法人関連サイト】
司法書士を京都・滋賀でお探しなら優司法書士法人 
相続と不動産の名義変更NAVI
優遊ブログ

 



投稿者 UNIST合同会社 (2013年12月26日 13:29) | PermaLink

コメントする


 




TrackbackURL :