不動産(家・土地・マンション)名義変更なら優司法書士法人へ(京都市中京区・草津市)
HOME>優ブログ

優ブログ

@売却する不動産も相続による名義変更が必要か@
 売却する不動産については相続登記が必要な場合と必要でない場合があります。


死亡時点において売買契約が成立していて、登記のみしていない状態であれば、相続登記は必要ありません。

売買契約に『所有権は売買代金の受領の時に移転する』旨の特約があれば代金を受領した後に、亡くなった場合に限られます。

ただ通常、売却において登記を変更していないことは稀なので、原則必要であると考えて頂ければよいと思います。

 

【優司法書士法人関連サイト】
司法書士 京都 滋賀 でお探しなら 司法書士法人 公式ホームページ
相続と不動産の名義変更NAVI
優遊ブログ

投稿者 UNIST合同会社 (2013年12月19日 19:07) | PermaLink

コメントする


 




TrackbackURL :