不動産(家・土地・マンション)名義変更なら優司法書士法人へ(京都市中京区・草津市)
HOME>優ブログ

優ブログ

遺産の不動産を売却して売買代金を遺産分割する方法
相続登記の依頼を受ける際、遺産は一つの不動産だけというケースは結構ございます。

これをたとえば、長男が相続することについて、兄弟が異論ない場合は、それでも結構なのですが、他の兄弟が相続権を主張なさる場合、どのように、公平な分割に近づくことができるでしょうか。考えられる方法は以下の通りです。


①長男の取得する不動産の価格をだし、その価格の法定相続分の割合でもって、長男から代償金としてもらう。

②不動産を共有名義にして、売却し、売却代金を法定相続分の割合にて分配する。

③不動産を長男名義にし、その上で売却し、長男が売却代金のうち他の相続人の法定相続分を代償金として支払う。

不動産の売却についても、仕事柄信頼できる不動産業者さんをご紹介することも可能ですので、御気軽にお声かけ下さい。

分割案についてのたたき台の作成も致しますので、全く何から手を付けてよいかわからない方、まずはお問い合わせくださいませ。

【優司法書士法人関連サイト】
司法書士を京都・滋賀でお探しなら優司法書士法人 
相続と不動産の名義変更NAVI
優遊ブログ



投稿者 UNIST合同会社 (2013年11月20日 11:40) | PermaLink

コメントする


 




TrackbackURL :