相続・不動産(家・土地)名義変更なら優司法書士法人へ(京都市中京区・草津市)
HOME>優ブログ

優ブログ

教育資金1500万円の孫への贈与
平成25年度の税制改正で、祖父母が孫などに将来の教育資金(授業料や入学金など)をまとめて譲り渡した場合、一人当たり1500万円までなら贈与税がかからないという制度が創設されました。

これを利用すれば、孫が5名いる場合に、無税で合計7500万円まで教育資金を贈与することができます。

この制度を利用するための条件は次の通りです。

①受贈者は30歳未満の者であること
②教育にあてるための資金であること
③その祖父母などが金銭を拠出すること
④金融機関に孫などの名義の口座を開設し、信託等をすること
⑤平成25年4月1日から平成27年12月31日までに拠出すること
⑥教育資金非課税申告書を金融機関を経由して、受贈者の納税地の所轄税務署長に提出すること

受贈者は払いだした金銭を教育資金の支払いに充当したことを証する書類を金融機関に提出しなければなりません。

尚、受贈者が30歳に達した日に金融機関に拠出した資金の使い残しがある場合には、贈与税が課税されることになります。
投稿者 UNIST合同会社 (2013年7月10日 14:41) | PermaLink

コメントする


 




TrackbackURL :