相続・不動産(家・土地)名義変更なら優司法書士法人へ(京都市中京区・草津市)
HOME>優ブログ

優ブログ

推定相続人の廃除
被相続人は遺言をすることによって、自分の相続を自由に決めることができます。
 
しかし、兄弟姉妹以外の相続人には遺留分という相続する権利があるので、遺言で遺留分権者の相続分をなしとしても遺留分権者に対抗できません。

どうしても相続させたくない相続人がいる場合には推定相続人の廃除ができるか検討します。

推定相続人の廃除とは、被相続人の請求又は遺言によって、遺留分を有する推定相続人の相続権を奪う制度です。(民892条以下)
 
排除を請求するには次の要件が必要です。
 
①廃除をうける者が遺留分のある推定相続人であること
     兄弟姉妹には遺留分がないのでできません。
兄弟姉妹に相続させたくない時には遺言をつかいます。
 
②廃除原因があること
  ・虐待をされた
  ・重大な侮辱を加えられた
  ・その他の著しい非行をされた
 
③家庭裁判所への請求又は遺言で請求する
     遺言の場合には、遺言執行者は相続が発生したら遅滞なく家庭裁判所に廃除の請求を
しなければならない
 
 
廃除の審判又は調停の成立によって推定相続人は相続権を失います。

しかし、廃除の効果は被相続人と推定相続人間の関係のみの相対的なものなので、廃除された相続人が新たに相続人としての身分を取得したときには、新たに相続権を得ます。
     廃除された推定相続人と養子縁組する等
 
被相続人はいつでも廃除の取消しを請求することができます。

又、遺言で先の遺言の取消しをすることもできます。

☆被相続人は取消しをしないで、廃除された者に対し遺贈することができます。
 →排除は相続権がなくなるだけで、受贈する能力を奪うものではないから
投稿者 UNIST合同会社 (2012年6月15日 17:44) | PermaLink

コメントする


 




TrackbackURL :