相続・不動産(家・土地)名義変更なら優司法書士法人へ(京都市中京区・草津市)
HOME>優ブログ

優ブログ

養子縁組前の子は相続権はございません。
先日、ご相談を受けた方【Bさん】の話。

まだ生きていらっしゃるある方【Aさん】の相続についてのご相談です。

AさんはBさんのおじいさん。Aさんの一人っ子の子供である【Cさん】(Bさんのお母さん)は亡くなられているとのこと。
Aさんの奥様も亡くなられているとのこと。

何の資料もなく話をお聞きする限り、万一Aさんが亡くなられた場合、代襲相続人としてBさんが相続するパターンです。念のため、次回、戸籍類を見せて下さいとお伝えしておりました。

そして後日、戸籍を持ってきてもらうと、なんと、おかあさんCさんは、Aさんの養子であり、養子縁組の日がBさんの出生の後だったのです。

ということは、Bさんは養子縁組前の子ということになり、BさんはAさんの代襲相続人にはなれません。つまりは、Aさんが亡くなっても相続できないという状態になるのです。

Aさんの何もかもの面倒をみているBさん。亡くなったら、Aさんの兄弟姉妹もしくは甥姪が相続人になるというのは悲しい現実です。

Aさんの意向にもよりますが、Aさんに財産をBさんに遺贈する旨の遺言書を書いてもらうことをお薦めしました。

戸籍を見てみないと相続人が誰であるかを断言できないということを身に染みて感じることとなりました。

我々の信じるものは、公的証明のみ!!


投稿者 UNIST合同会社 (2011年9月27日 18:35) | PermaLink

コメントする


 




TrackbackURL :