相続・不動産(家・土地)名義変更なら優司法書士法人へ(京都市中京区・草津市)
HOME>優ブログ

優ブログ

居住用財産の譲渡特例 ④
居住用財産の買換えの譲渡損失の損益通算と繰越控除

個人が所有期間が5年を超える居住用財産を譲渡して新しく居住用財産を購入し、損失が生じている時には、その他の所得と損益通産することができます。さらに通算しきれない場合にはその金額を譲渡損失として翌年以後3年間にわたって繰越控除できます。

【居住用財産の買換えの譲渡損失の損益通算と繰越控除のポイント】
・譲渡した年の1月1日における所有期間が5年を超えていること
・平成23年12月31日までの譲渡であること
・取得日の翌年12月31日までに居住する、又は居住する見込みであること
・取得した居住用財産に控除を受ける年の年末時点で一定の住宅ローン(10年以上)があること
・控除対象者が繰越控除する年の合計所得が3000万円以下であること
・損益通算及び繰越控除を受ける場合は、毎年確定申告が必要となる

投稿者 UNIST合同会社 (2011年9月15日 15:04) | PermaLink

コメントする


 




TrackbackURL :