相続・不動産(家・土地)名義変更なら優司法書士法人へ(京都市中京区・草津市)
HOME>優ブログ

優ブログ

普通借地権とは
普通借地権とは、従来からある借地権で、土地の所有者に正当な事由がない限り、借地人が望めば契約が更新される借地権です。なお、借地権については通常登記されませんが、借地権上の建物の登記を行えば、借地権についても第三者として対抗力が与えられます。

普通借地権の概要

契約期間 通常30年以上
       (期間の定めのない場合や30年より短い期間を定めた場合の存続期間は30年)
契約方式 書面の必要なし
利用目的 建物の用途の制限無し
更新期間 期間満了時に建物が有る場合、同一条件で更新される
       最初の更新期間は20年以上、2回目以降の更新は10年以上
特徴 更新がない場合には借地人は、地主に対して建物買取請求権がある
 
投稿者 UNIST合同会社 (2011年8月30日 16:13) | PermaLink

コメントする


 




TrackbackURL :