相続・不動産(家・土地)名義変更なら優司法書士法人へ(京都市中京区・草津市)
HOME>優ブログ

優ブログ

贈与税の特例~②相続時精算課税制度~
この制度を選択した子供は、親の相続時に、この制度を利用した贈与財産の贈与時の価格と相続財産を合計して、相続税を計算し直します。贈与されたときに、支払った贈与税の額が多すぎる場合は払い戻すことで精算を行います。

しかし、いったん相続時精算課税制度を選ぶと変更することはできず、相続時まで適用される為、通常の贈与とどちらの制度を選ぶかは注意が必要です。

制度の概要

贈与を受ける年の1月1日時点で、65歳以上の親から推定相続人である20歳以上のこども(代襲相続人を含む)に対する贈与について、2500万円まで課税しません。2500万円を超えた部分は、一律20%で贈与税を支払うことにより、何回でも贈与を受けることができます。

この制度は、父母の両方、また、父母のどちらかだけに適用することもできます。通常の贈与とは異なり、控除額を差し引いて支払う税金がなくとも、翌年2月1日から3月15日までに税務署長への相続時精算課税の申告書の届出が必要です。

 
投稿者 UNIST合同会社 (2011年6月13日 13:54) | PermaLink

コメントする


 




TrackbackURL :