相続・不動産(家・土地)名義変更なら優司法書士法人へ(京都市中京区・草津市)
HOME>優ブログ

優ブログ

贈与税の特例①~居住用不動産の配偶者への生前贈与~
配偶者への贈与は、贈与者と一緒に財産を形成したことへの配慮や、生活の保障を目的として行われることが多い為、居住用不動産の贈与について特例があり、贈与税額が軽減されています。

贈与税の基礎控除の110万円の他、課税価格から最高2000万円までを配偶者控除として差し引くことができます。

適用条件

贈与のあった日において、婚姻期間が20年以上であること。入籍していない期間や内縁関係の場合は適用することができません。

贈与を受けた年の翌年の3月15日までに実際に居住し、その後も引き続き居住する見込みであること。

過去に同じ配偶者への贈与について、贈与税の配偶者控除の適用をうけていないこと。

この控除を適用することによって、贈与税がゼロになる場合であっても、申告書を提出すること。

なお、不動産の金額が2000万円に満たない場合であっても1回限りしか適用できません。

この特例を受けた居住用不動産等の価額は、贈与者が、贈与をした日から3年以内に死亡した場合であっても、相続税の課税価格に加算しません。
投稿者 UNIST合同会社 (2011年6月12日 13:45) | PermaLink

コメントする


 




TrackbackURL :