相続・不動産(家・土地)名義変更なら優司法書士法人へ(京都市中京区・草津市)
HOME>優ブログ

優ブログ

贈与税の計算と納付
贈与税は財産をもらった人が、1月1日から12月31日までの1年間に取得した財産の合計額に対して課税されます。

贈与税にも基礎控除額が定められており、1年間に贈与を受けた財産の合計額が110万円以下なら、贈与税はかからず、申告の必要もありません。110万円を超えてしまい、贈与税が課税される場合は、翌年2月1日から3月15日までに税務署に申告して納付をします。

また、一定の要件を満たせば、5年以内の延納が認められています。


贈与税の課税価格=贈与された財産の総額+みなし贈与財産の価額-非課税財産の価額

贈与税額=(贈与税の課税価格-基礎控除額110万円)×税率-控除額
投稿者 UNIST合同会社 (2011年6月11日 13:39) | PermaLink

コメントする


 




TrackbackURL :