相続・不動産(家・土地)名義変更なら優司法書士法人へ(京都市中京区・草津市)
HOME>優ブログ

優ブログ

申告書の提出義務者
相続税は、相続財産(課税価格)が、基礎控除額を超えていて、納税額が有る場合に申告します。ですから、相続財産が基礎控除額以下のときは申告する必要がありません。

この点、結構、ご存知ない方が多いように思います。なんでも、お気軽にご相談いただけば、すっきりすることが多くあるかもしれません。どうぞ、お気軽にご相談下さい。

相続税の申告書は、相続の開始があったことを知った翌日から10ヶ月以内に提出します。

相続税を納めるところは、死亡した人が住んでいた所を管轄している税務署となり、相続人の住所地ではありません。

なお、配偶者の税額軽減と小規模宅地等についての課税価格の特例を適用する場合は、たとえ納税額がなくとも申告書の提出が必要です。
投稿者 UNIST合同会社 (2011年6月 1日 11:23) | PermaLink

コメントする


 




TrackbackURL :