相続・不動産(家・土地)名義変更なら優司法書士法人へ(京都市中京区・草津市)
HOME>優ブログ

優ブログ

遺産分割~遺言書による分割~
遺言は、自分の死亡後に財産を誰にどれだけあげるのかという意思表示の方法で、これを法律で保護しています。
満15歳以上であれば、親の承諾なしに遺言書を作成することができます。

遺言で行うことができることは、相続分の指定、遺産分割の方法の指定や禁止、遺贈、寄付行為、相続人の廃除とその取消、被嫡出子の認知などです。

また、遺言書が2通以上有る場合は、作成日の新しい遺言書が優先されます。
投稿者 UNIST合同会社 (2011年5月21日 17:05) | PermaLink

コメントする


 




TrackbackURL :