相続・不動産(家・土地)名義変更なら優司法書士法人へ(京都市中京区・草津市)
HOME>優ブログ

優ブログ

遺産分割~調停・審判による分割~
協議をしても意見が一致しないときや、相続人が全員揃わず、協議ができないときは、家庭裁判所でまず調停を行います。

調停とは、裁判所の調停委員の仲介により、相続人が話し合うことをいいます。

調停を行っても解決できなかった時は、審判(裁判)によって分割をします。

審判の前に調停を行うため、調停前置主義といいます。
投稿者 UNIST合同会社 (2011年5月20日 17:01) | PermaLink

コメントする


 




TrackbackURL :