相続・不動産(家・土地)名義変更なら優司法書士法人へ(京都市中京区・草津市)
HOME>優ブログ

優ブログ

遺留分減殺請求
遺留分権利者が相続の開始、及び減殺すべき贈与や遺贈があったことを知った時から1年以内、知らなくとも10年以内に手続きをしなければ、時効により消滅します。


【遺留分の割合】
直系尊属だけが相続人の時:遺産の3分の1
それ以外のとき:遺産の2分の1
兄弟姉妹には遺留分はない。
投稿者 UNIST合同会社 (2011年5月12日 17:23) | PermaLink

コメントする


 




TrackbackURL :