相続・不動産(家・土地)名義変更なら優司法書士法人へ(京都市中京区・草津市)
HOME>優ブログ

優ブログ

法定相続登記後の遺産分割調停による登記
法定相続人ABCで法定相続登記がされている場合、B単独名義に遺産分割を原因とするA、C持分全部移転登記をするのに、『別紙遺産目録記載の土地及び建物はBが取得する。』との調停調書だけで移転登記はできるの?との質問。

登記原因証明情報にはなることは間違いございません。
そういう意味では登記できます。

しかし、法定相続登記後は、登記義務者A,Cと登記権利者Bとの共同申請が原則になります。ということは、

『A及びCは、Bに対し、別紙遺産目録記載の土地及び建物につき、本日付け遺産分割を原因とする各自の持分全部移転登記手続をする。』

との条項が入っていない場合、登記原因証明情報としては使えるが、結局、登記義務者ACの実印・印鑑証明書・登記識別情報若しくは登記済証が必要になると考えます。

法定相続登記前の不動産であれば、遺産分割協議書代わりに調停調書が使える為、文言的には冒頭の内容だけで足りると考えるが、法定相続登記後の遺産分割調停調書の時は、注意を要します
投稿者 UNIST合同会社 (2010年11月16日 15:49) | PermaLink

コメントする


 




TrackbackURL :