相続・不動産(家・土地・住宅・マンション)の名義変更 京都なら
HOME>優ブログ

優ブログ

年末年始に向けての相続に関するお悩みありませんか?
年末年始、ご家族でお話する機会も増えると思います。

兄弟同士で相続で争わないためにも、誰が何を相続するかなど、予めお話をしておいた上で、遺言書を残された方がよいケースもございます。

遺言書を作らず、何もしなかったら、どういう結果が予想されるか?

こうしたいのだがどうしたら良いのか?



名義変更をせず、亡くなった方の名義のままほったらかしの不動産をお持ちの方は、どのように手続きを進めたらよいのか?それにかかる費用がどれくらいなのか?

人それぞれに、知りたいことがたくさんございます。

まずが、一度、御気軽にご相談下さい。相談のご予約を年内まだまだ、受け付けております。

投稿者 UNIST合同会社 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
大津市後援事業 相続セミナー&相続相談会のお知らせ
来る平成26年10月26日、日曜日、浜大津明日都にて、京滋相続センター主催、大津市後援の無料相続セミナー&無料なんでも相談会の相談員として、当事務所からも参加致します。

事前予約が必要ですが、無料相談時間は1時間と通常の相談会より長く設定してございます。

この日が、都合つかなくても、相続に関する不安を安心にをもっとうに活動しておりますので、どうぞお気軽にお声掛け下さい。

当サイトご覧の方も、初回相談無料にてゆったりとした相談時間にて相談を受け付けております。

どうぞ、お気軽にご連絡下さい。

投稿者 UNIST合同会社 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
親戚で集まる前に相続のこと相談なさいませんか?
明日8/13 優司法書士法人 京都事務所にて、相続・不動産名義変更 無料相談会を開催致します。

1組1時間で、完全予約制にて開催致します。

お盆で、親戚に会う前に、相談なさいませんか?

相続人みんなで相談に来られませんか?

専門家に聞くだけで、手続きがスピードアップするかもしれませんよ。

では、予約のご連絡お待ちしております!


投稿者 UNIST合同会社 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
片親との養子とは、半血兄弟か?
悩ましい相続関係説明図に出会うことがございます。

父・甲-母・乙を同じくする兄弟丙さん丁さん、母・乙さん死亡後に後妻戊さんと甲は婚姻。その後甲が死亡後、戊が、丙・丁・己・庚と養子縁組。己・庚は、丁の子供。

丙死亡の時の相続人は誰で、法定相続分はどんだけになるのか?丙には配偶者も、子供もいない。

法定相続分を計算するときには、特に注意を要します。

法曹会昭和29年4月1日決議では、「被相続人の実母の死亡後に実父と縁組をした養子の相続分は、被相続人と父母を同じくする兄弟姉妹の相続分の2分の1である」とされ、昭和32年6月27日民事甲第1119号民事局長回答では、「養子が死亡した場合に、その養子に実父母の双方を同じくする兄Aと、養父とその妻(養母ではない)との間に生れた弟Bがあるときは、ABとも相続人となるが、その相続分はAが3分の2、Bが3分の1である」とされる。
 ここで、上記法曹会決議の内容を検討すると、当該養子は被相続人の実父との養子縁組により、被相続人の実父と親子関係が成立し、また、被相続人と兄弟姉妹関係が成立しているが、被相続人の実母とは養子縁組ができなかったので、被相続人の実母とは親子関係が成立していない。そうすると、被相続人と当該養子は父のみを同じくしていることになるから、父母の一方のみを同じくする兄弟姉妹に当たるといえ、したがって、当該養子の相続分は、被相続人と父母の双方を同じくする兄弟姉妹の相続分の2分の1であるとされたものと考えられる。

養子縁組の日付、死亡の日付により、相続人・相続分が大きく変わることもございます。

ヤフー知恵袋など、ネット上には様々な情報が溢れています。無責任な回答も多くございます。

相続人の特定が必要の方は、お気軽にご相談ください。

投稿者 UNIST合同会社 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
遺言書の勧め
先日、『遺言書の勧め』という内容でのセミナーの講師を仰せつかりました。

遺言書は、気軽に作成できるということをお伝えしたつもりです。

4つのルールさえ守れば簡単に遺言書が作成出来ます。

①全て自筆で書く事。
②日付を書く事
③遺言者の名前を書く事
④印鑑を押すこと。

上記の4つさえ押さえれば、ものの10分で遺言書がかけます。
とりあえずは、一回書いてみることが重要です。元気なうちに是非。

投稿者 UNIST合同会社 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
1